FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
安倍首相の 意図的な?事実誤認
2016-04-08-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 矛盾に満ちた経済対策 = 安倍首相は5日の閣議で、成立したばかりの16年度予算を前倒しで執行するよう指示した。具体的には、公共事業費など12兆1000億円の約8割に当たる10兆円を4-9月中に支出する。この結果、10月以降の財政支出が減ってしまうので、これを補うため5月をメドに10兆円規模の補正予算を組む方針。15年度の補正予算に加えて16年度予算の前倒し執行、さらに16年度の補正予算と財政の大盤振る舞いが続く。

このような積極財政への転換について、安倍首相は「日本経済の回復基調に変わりはないが、世界経済の不透明感が高まっているため」と説明した。だが日本経済が回復基調にあるとすれば、こんなに大掛かりな対策を講じる必要はない。また財政支出を増大する一方で、消費税は増税するというのも不思議な話。全く矛盾に満ちている。

安倍首相が本当に「日本経済は回復中」と信じているならば、これは大きな事実誤認だ。生産や消費の動向をみれば、日本の景気は下降局面に入ったと考える方が常識的だろう。にもかかわらず安倍首相が「景気回復」に固執するのは、消費増税に未練を残しているためかもしれない。

もう1つ、5月の伊勢志摩サミットを意識して、そのときに積極財政と増税の延期を世界にアピールするつもりなのかもしれない。だが企業も消費者も、すでに消費増税の延期は織り込んでしまった。それなのに景気回復中を口実に、増税の延期には口を閉ざしたまま。そこで積極財政が打ち出されても、国民は評価に苦しむだけである。

      ≪7日の日経平均 = 上げ +34.48円≫

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 下げ


              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.