FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 電力自由化 よーいドン ⑦
2016-04-16-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 恩恵は大都市圏だけか = 電力の小売り自由化が4月からスタートしたが、問題点もいくつか見えてきた。経済産業省によると、4月1日時点で電力供給事業者の免許を受けたのは280社。これらの電力会社が互いに競争することで、料金の引き下げやサービスの向上が進むと期待されている。ところが免許を受けた事業者の9割以上が、人口の多い大都市圏への参入を目指している。このままだと地方へは競争の波が及ばず、大都市圏との間で料金格差を生んでしまう可能性が大きい。

見方を変えると、大都市圏での競争は激しいものとなりそうだ。そこで安売り競争が始まれば、電力の安定供給に支障が出てくる。このため経産省と公正取引委員会は、各電力会社の料金が原価を下回った場合には処分すると発表した。また大手旧電力による送電線の使用料が適正かどうかについても審査することにしている。

競争に勝つためには、コストを下げなければならない。そこで多くの会社が、いま石炭火力発電所の建設に乗り出している。環境省の調べによると、現在33基の建設が計画中。しかし石炭火力は、温室効果ガスを多量に排出する。このため欧米諸国からも、日本の石炭火力依存には強い批判が寄せられている。

原発の再稼働が、どの程度のスピードで進むのか。この点も、自由化された電力業界に大きな影響を与える。いま稼働しているのは九州電力の川内原発1-2号機だけ。今後、他の原発の再稼働が遅れれば、石炭火力発電に対する依存度は増加せざるをえない。また再稼働が進めば、その原発を所有する大手旧電力の経営はずっと楽になるはずだ。

                                    (続きは来週サタデー)

      ≪15日の日経平均 = 下げ -63.02円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】   


              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.