FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
日米同時不況の影
2007-09-11-Tue  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が10日発表した4-6月期のGDP(国内総生産)改定値は、年率換算の実質値でマイナス1.2%だった。速報値のプラス0.5%から、大幅な下方修正。名目成長率も年率0.7%のマイナスで、こちらも速報値のプラス1.1%から大きく下方修正された。

下方修正の主な原因は、企業の設備投資が減額修正されたこと。速報段階では前期比1.2%増だったものが、改定値では1.2%の減少に変わった。だが大切な点は、前期1-3月期との比較。実質成長率は1-3月期の年率プラス3.3%から、4-6月期にはマイナス1.2%へと急角度で落ち込んでいる。

しかも、ほとんどの需要項目がそろって減少してしまった。年率換算の数字でみると、家計支出は3.1%増から1.0%増へ、住宅投資は1.9%減から13.0%減へ、設備投資は1.0%増から4.8%減へ。そして輸出も13.8%増から3.1%増へと減退した。これらのうち、7月以降に回復を期待できそうなのは設備投資ぐらいなもの。

もし7-9月期の成長率もマイナスということになれば、景気後退入りが確認される。アメリカの景気も、8月の雇用が悪化して景気後退入りの心配が増大した。日米同時不況の危険性は濃くなっているのではないだろうか。臨時国会ではテロ特措法や政治とカネ、年金問題が主役に。だが景気にも目を配らないと、またしても手遅れになりかねない。

    ≪10日の日経平均 = 下げ≫

    ≪11日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.