FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
根回しに失敗した 財政出動論
2016-05-13-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ サミットより国民に目線を = 世界経済は、ゆっくりと下降線をたどっている。そんなとき今月26-27日に開かれる伊勢志摩サミット。そこで議長を務める安倍首相が音頭をとって、先進国が一斉に景気対策を打ち出せば、世界経済にカツを入れることが出来るだろう。いわば世界版アベノミックスの登場だ。

安倍首相はまず3月末、ワシントンでオバマ大統領と会談。大統領からは「ぜひリーダーシップを発揮してほしい」と激励された。次いでカナダのトルドー首相、フランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相とも会って、同意を取り付けている。だが難関とみられたメルケル・ドイツ首相とキャメロン・イギリス首相の2人は手ごわく、提案ははねつけられてしまった。

メルケル首相は音に聞こえた健全財政主義者。ギリシャに対する支援問題でも、ドイツは一貫して財政支出の増大を拒否したくらいである。またキャメロン首相も自国の独立性を重んじ、他国に指図はされたくないという政治信条を持っている。この2人が同調しなかったことから、世界版アベノミックスは日の目を見ることがなくなった。

日本は「15年度補正予算+16年度予算+16年度補正予算」の財政3連発。加えて来年4月に予定される消費増税を延期すれば、かなり大きな財政出動になる。安倍首相はサミットの席上で、消費増税の延期を宣言するつもりだったに違いない。じっさい消費増税が延期されれば、暗雲に閉ざされた日本経済の先行きにも光が差し込むことになるだろう。だから安倍首相はいますぐ日本国民のために増税の延期を決断すべきだ。サミットでの手柄にしようという考え方は、間違っているのではないか。

      ≪12日の日経平均 = 上げ +67.33円≫

      ≪13日の日経平均は? 予想 = 上げ


         ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.