FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
為替介入のルール作りを
2016-05-17-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 麻生財務相の脅しが利いた = 連休中に急騰した円相場が、先週は反落した。このため日経平均も反発している。円相場の上昇を止めたのは、麻生財務相の強烈な口先介入だった。連休明けの9日、財務相は参院決算委員会で「急激な為替変動が起こった場合、どうする」という質問に答えて「当然、介入する用意はある」と断言。これが海外市場では“相当な脅し”と受け取られ、円買い投機がストップしたとみられる。

ただ過去の経験からみても、口先介入の効果が長続きするとは思えない。まして今回はアメリカ財務省が為替報告書のなかで、日本を要監視国だと名指ししたばかり。したがって麻生財務相が脅しをかけても、実際に介入することは難しいという見方が広まっている。こうした見方が強まれば、再び日本円が投機の対象になる危険性は大きい。

日本の貿易収支は14年度の赤字6兆6000億円から、15年度は6300億円の黒字に大きく改善した。したがって円の対ドル相場が上昇することは、ある程度までやむをえない。それを政府が介入で止めることは好ましくない、とアメリカも指摘しているわけだ。だから1ドルが105円ではダメとか、110円ならいいとかいう議論は成り立たない。

ただ為替の急激な変動は、貿易に必要な実需の取り引きにも悪影響を及ぼす。この悪影響を避けるために「為替が短期間に急変動した場合には介入できる」と、各国間で取り決めたらどうだろうか。たとえば「1週間で5%以上の変動があった場合」というように。もっと細かい点まで検討して、伊勢志摩サミットで提案したらいいと思う。

      ≪16日の日経平均 = 上げ +54.19円≫

      ≪17日の日経平均は? 予想 = 上げ≫ 


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.