FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
絶好調が続く 企業の業績
2007-09-21-Fri  CATEGORY: 政治・経済
野村證券の調査によると、企業の業績は今年度も絶好調を持続する見込み。380社を対象にした連結ベースで、07年度の経常利益は12.1%の増益。金融機関を除いても12.0%の増益になると予想している。06年度の6.6%増益に比べても、2倍に近い伸びとなる。

この調査は4-6月期の決算を受けて行われた。その4-6月期は、21.3%の大幅な増益。原因の1つは円安で、4-6月期の為替レートは前年同期に比べると7円の円安だった。しかし、この円安による利益の押し上げ効果は5%程度。むしろ原材料価格の上昇スピードが鈍ったこと、価格転嫁が順調に進んだことの方が寄与度は高いと分析している。

したがってサブプライム問題で円高が進行しても、日本企業の利益に与える影響はそれほど大きくない。またアメリカ経済の成長が鈍化しても、自動車や半導体、液晶テレビなどの輸出品は競争力が高いために大きな影響は受けない。だから今年度の利益率は高水準を維持できると結論している。

この予測通りなら、日本の景気もこれまでの企業業績主導型が当分は続くことになる。少しいいとこ取りのような気もするが、期待したい。ただ、それにしては株価水準が下がりすぎている。証券会社の調査だけに、その点の分析もきっちりして欲しかった。

    ≪20日の日経平均 = 上げ≫

    ≪21日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.