FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 貯蓄する 日本人 ⑦
2016-07-16-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 負債額は40歳から減少傾向 = 個人にとって最大の借金は、言うまでもなく住宅ローンだ。このため家計の財政状態は、住宅・土地に関する借り入れの大きさによって左右される。15年度の家計調査によると、2人以上世帯の住宅・土地に関する負債額は平均446万円だった。そのうち勤労者世帯は698万円で、いずれの場合も負債額全体の9割を占めている。

2人以上世帯について、世帯主の年齢別にみてみよう。40歳未満の世帯では、平均貯蓄額608万円に対して負債額は942万円。負担感はかなり高い。40-49歳になると、貯蓄額1024万円に対し負債額1068万円とほぼ同額に。50-59歳では貯蓄額1751万円、負債額645万円でかなり落ち着く。60-69歳では貯蓄額2402万円に対して、負債額は196万円に激減する。

負債のある世帯だけを抜き出してみると、2人以上世帯で世帯主が40歳未満の場合は平均負債額が1796万円。そして40歳を過ぎると、返済が進んで負債額は減少に転じる。貯蓄額から負債額を差し引いた純貯蓄額は、40歳未満で平均1268万円の負債超過。50歳未満ではまだ負債超過だが、50歳を過ぎると貯蓄超過に転換する。60歳以上の純貯蓄額は平均946万円だった。

自分の住宅を保有しているかどうかも、財政状態に大きく影響する。勤労者世帯のうち持ち家世帯が占める割合は76.0%、ほぼ4分の3にのぼる。このうち住宅ローンを返済中の世帯は全体の38.1%。平均貯蓄額が925万円なのに対して、負債額は1671万円だった。一方、住宅ローンの返済がない世帯は、貯蓄額が1962万円で負債額は243万円にとどまっている。

                           (続きは来週サタデー)

      ≪15日の日経平均 = 上げ +111.96円≫

      【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】 


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.