FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
止まらない 貿易の縮小
2016-07-26-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 世界経済が停滞する原因 = 財務省が25日発表した6月の貿易統計によると、輸出は6兆0255億円で前年比7.4%の減少。輸入も5兆3326億円で18.8%の減少だった。この結果、貿易収支は6928億円の黒字となっている。輸出では鉄鋼や自動車、輸入ではLNG(液化天然ガス)などエネルギーが大きく減少した。地域別にみると、アメリカはじめEU,アジア、中国との間で、輸出も輸入も減少している。

こうした貿易の縮小傾向は、昨年の後半から続いている。ことし1-6月期をみても、輸出は前年比8.7%の減少、輸入も17.2%の減少だった。地域別でも、EU向けの輸出が4.0%増加したほかは、アメリカ、アジア、中国のすべてに対して輸出入がともに減少した。輸出よりも輸入の減少率が大きいため、貿易収支は黒字になっている。だが輸出入がこれだけ縮小するのは、きわめて異常だと言えるだろう。

このような貿易の縮小は、日本だけの現象ではないようだ。日銀の調査によると、実質GDPに比べた世界の貿易量は11年から下がり続けているという。要するに経済が成長しても、貿易は伸びなくなっているわけだ。その原因については、生産の現地化が進んで、輸出や輸入が食われていること。新興国の技術力が向上し、先進国との差が縮まったこと。それに先進国で、画期的な新製品が誕生しなくなったこと-―などが考えられる。

先週末、中国の成都で開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議では「イギリスのEU離脱による悪影響を防ぐため、各国はあらゆる対策を講じる」ことで合意した。だが世界経済を縮小均衡に陥れる貿易の減退は、ずっと以前から始まっている。FTA(貿易自由化協定)などが広がるなかで、なぜ貿易が縮小するのか。その対応策は。G20会議では、そんな議論もしてほしかった。

      ≪25日の日経平均 = 下げ -6.96円≫

      ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ
            

                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.