FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
最低賃金 24円引き上げへ
2016-07-29-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 最高の東京都は時給932円 = 厚生労働相の諮問機関である中央最低賃金審議会は27日、16年度の最低賃金引き上げ額を全国平均で24円とすることを決めた。この引き上げ幅は、時給で賃上げ幅を示すようになった02年以降で最大。現在の全国平均798円が822円に引き上げられることになる。安倍内閣の賃上げ促進政策に沿ったもので、実際の引き上げは10月からになる見通し。

最低賃金制度は各都道府県の経済状況に応じて、A-Dの4グループに分けて実施されている。たとえば16年度の賃上げ幅も、A(東京、神奈川、大阪など5都府県)は25円。B(茨城、埼玉、京都、兵庫など11府県)は24円。C(北海道、宮城、福岡など14道県)は22円。D(青森、岩手、熊本など17県)は21円という具合。これで全都道府県が700円を超えることになる。

この結果、全国で最低賃金が最も高くなるのは東京で時給932円に。最低は鳥取、高知、宮崎、沖縄で714円に。また4年前と比べてみると、東京は82円、沖縄は61円の上昇となる。この制度は強制的だから、特にバイトやパートの労働者にとっては福音になるだろう。だが半面、中小・零細企業にとっては人件費が増大することになる。

政府はこの最低賃金引き上げを、秋の経済対策の一環に組み込んでいる。しかし対象となる人数は300万人から400万人。所得の増加分は400億円から900億円と見込まれている。この程度だと、景気浮揚効果は微々たるものだ。したがって今回の最低賃金引き上げは、景気対策というよりは、この制度の本来の目的である「労働者の生活安定」のための施策と考えた方がいい。

      ≪28日の日経平均 = 下げ -187.98円≫

      ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.