FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
全国的な人手不足 の ナゾ (上)
2016-08-03-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 求人倍率が全都道府県で1倍超す = 厚生労働省の発表によると、6月の有効求人倍率は前月より0.01ポイント上昇して1.37倍になった。この水準は24年10か月ぶりの高さ。特に初めて全都道府県で1倍を超えたことが目立つ。同時に発表した失業率は3.1%、失業者数は73か月連続で前年を下回った。

有効求人倍率というのは、ハローワーク(公共職業安定所)に寄せられた求職者数と求人数の比率。求人数が求職者数を上回れば倍率が1倍を超える。地域別にみると、最高は東京都の2.05倍。最低は沖縄県の1.01倍。この結果、すべての都道府県で求人倍率が1倍を上回った。つまり全国的に人手不足の状態に陥ったことになる。

有効求人倍率が過去最高の水準に達し、失業率が過去最低の水準に低下した理由はいくつか考えられる。まず少子化と高齢化の進行によって、働き手の数が大幅に減少していること。15歳以上の人口のうち、働いている人と職を探している人を合計した労働力人口は、この6月時点では6707万人だった。ピークだった1998年の6892万人に比べると、185万人も減った。働き手が減ってしまったので、人手不足になるのは当然と言える。

次に仕事がきつい割に賃金が安い仕事は、敬遠されがちなこと。6月の新規求人数をみても、宿泊業・飲食サービス業が前年比18.0%増。建設業と生活関連サービス業がともに7.4%増、医療・福祉業が7.3%増となっており、それだけ人手不足がきついことを示している。特に若い人が就職したがらないようだ。

                                  (続きは明日)

      ≪2日の日経平均 = 下げ -244.32円≫

      ≪3日の日経平均は? 予想 = 下げ


              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.