FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
全国的な人手不足 の ナゾ (下)
2016-08-04-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 景気浮揚力は弱い = 労働関係の統計だけを見ていると、雇用の状態はまさに絶好調だ。ところが景気の現状は、あまりよくない。なぜ雇用と景気が連動しないのだろう。安倍首相はじめ政府は「賃金の上がり方が不十分で、雇用の増加が消費の拡大に結び付いていないため」と考えているようだ。だが本当にそうなのか。

求人倍率を上昇させ失業率を低下させた主な原因が労働力人口の減少にあるとしたら、雇用の改善と景気の回復とは関係が薄くなる。安倍首相が「アベノミックスの成果だ」と強調するのは論理的ではないということにもなるだろう。同時に雇用の改善が景気を押し上げる力も、それほど大きくはないということになる。

この点については、もう1つナゾがある。6月の求人倍率をみると、正規社員は0.88倍でまだ1倍に達していない。その半面、パートは1.30倍と高くなっている。このように企業の求人は非正規社員に向いており、結果として就職した人の給与は平均よりずっと低くなる。すると労働者全体の平均賃金は下がらざるをえない。

家計調査でも同様の結果が出る。世帯当たりの平均収入は低下し、そのため平均支出額も減少してしまう。この現象は非正規社員の雇用が増えれば増えるほど、強く現われる。それをみて「家計の消費支出が伸びないから、景気が回復しない」と嘆くのは、いかがなものか。政府やマスコミも、平均値のマジックについて再考してみる必要があるのでは。

      ≪3日の日経平均 = 下げ -308.34円≫

      ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.