FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業業績は 急な下り坂 : 4-6月期
2016-08-05-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 外需も内需も不振 = 上場企業の業績が急速に悪化している。日経新聞が4-6月期の決算発表を終えた536社の経常利益を集計したところによると、前年比で24%の減益となった。新興国経済の減速と円高の進行で、自動車や電機など輸出企業の採算が悪化。加えて国内でも消費が伸び悩み、小売り業などの収益も減少している。全社の決算発表が終わっても大勢は変わらず、3四半期連続の減益決算になる可能性が大きい。

SMBC日興証券も、1部上場企業の利益を集計した。それによると、金融を除く526社の税引き後利益は前年比31.8%の減少。業種別では輸送用機械が51.5%、電機が45.0%の減益。小売り業は26.4%、食料品は25.5%の減益などとなっている。この結果、17年3月期の業績予想についても、慎重な見方をする経営者が増えているという。

今後の注目点は、やはり円相場の行くえ。この点については、日銀の金融政策が大きなカギを握っている。また内需の振興は、政府による新経済対策がどの程度まで効果を発揮するか。いずれにしても、落ち込み始めた企業業績を上向かせることが出来るかどうかで、アベノミックスの最終的な評価が決まることになりそうだ。

日経新聞によると、業績は下り坂だが、それでも日銀が異次元緩和を打ち出した13年の水準よりは高いという。だが、そう書かれてもピンとこない。というのも企業の業績については時系列的な統計がなく、現在と過去を比較しにくいからだ。たしかに上場企業の社数が変わったり、技術的に難しい問題はあるだろう。しかし日経平均株価は一定のルールのもとに、きちんと算出されている。ぜひ企業業績指数という統計を作成してもらいたいものだ。

      ≪4日の日経平均 = 上げ +171.78円≫

      ≪5日の日経平均は? 予想 = 上げ


              ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.