FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
アメリカが 動いた
2007-09-19-Wed  CATEGORY: 政治・経済
アメリカが金利を下げた。FRB(連邦準備理事会)は18日、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの0.5%引き下げを決め、即日実施した。新しいFFレートは年4.75%。引き下げは03年6月以来4年3か月ぶりのこと。金融機関向けの貸出金利である公定歩合も、0.5%下げて年5.25%とした。

ウォール街では金利の引き下げを確信していたから、ダウ平均は朝から100ドルほど上げていた。そして午後1時半すぎに利下げの報道が伝わると、上げ幅は一気に拡大。終り値は335ドルの上昇となった。金利の引き下げ幅が0.25%でなく、0.5%だったからである。

このニュースが伝わったのは、日本時間の19日午前3時半。したがって、その後の反応はまだほとんど入っていない。株価はひとまず歓迎の意を表したが、これでアメリカ経済は順調な回復軌道に戻るのだろうか。答えは多分「ノー」である。まず0.5%という大幅な引き下げに対して、実体経済はそんなに悪いのかという疑問が生じる。

その後8月―9月の経済指標が発表されるにつれて、この疑問はしだいに増幅されて行く。そして10月にも利下げをという期待が高まって、FRBはまた動かざるをえなくなる。その間、ヨーロッパやアジア諸国が、どういう反応を示すか。今回のアメリカの利下げはサブプライム問題への終止符ではなく、むしろ景気後退への赤信号だと考えるべきだろう。

    ≪18日の日経平均 = 下げ≫

    ≪19日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.