FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
姑息な 金融庁のNISA改正案
2016-08-26-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 期間延ばしてワク削る = 金融庁がNISA(少額投資非課税制度)の改正に乗り出した。NISAというのは、毎年120万円を限度に、株式や投資信託への投資で得た売買益や配当を非課税にする制度。14年1月にスタートし、ことし3月末には口座数が1012万件に達した。だが最近は口座数がほとんど増えなくなったため、金融庁が制度を改正しテコ入れすることになった。

改正案の内容は、現在5年間となっている非課税期間を20年に延長する。その代わり、いまは毎年120万円となっている預け入れ限度額は年60万円程度に縮小するというもの。この2点を軸に財務省ともすり合わせ、来年度の税制改正大綱に盛り込む方針。非課税の期間は延ばすが、利用できる限度ワクは縮小する。これでは優遇措置が強化されたのかどうか、きわめて判りにくい。

政府はことし4月から、ジュニア版NISAも発足させた。こちらは未成年の子どもや孫を名義人とし、親や祖父母が非課税で投資できる制度。毎年80万円が限度で、教育資金の積み立てや生前贈与の促進を狙っている。ところが成績は絶不調。5月末で4万8600件しか利用されていない。業界では、名義人が18歳になるまで引き出せない規制がネックになったと指摘している。

だがジュニア版がスタートした4月から5月末までに、日経平均はわずかではあるが下落している。こうした環境では、投資はしにくい。おとな版NISAが伸び悩んだのも、株価の低迷が響いているのだろう。金融庁は姑息な改正案よりも、株価を上昇させるような政策を考えることが本道と心得るべきだ。

      ≪25日の日経平均 = 下げ -41.35円≫

      ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.