FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業は貯め込んだ 378兆円 (上)
2016-09-08-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 内部留保がGDPの8割に = 企業が巨額の資金を貯め込んでいる。財務省がまとめた15年度の法人企業統計によると、金融・保険業を除く営利法人282万4000社の利益剰余金は377兆8700億円に達した。前年度より23兆5000億円増加。10年前に比べると175兆円も増えている。利益剰余金というのは、毎年の純利益を貯めこんだ累計額。企業が勝手に使える資金で、内部留保とも呼ばれている。

売上金は1431兆5000億円で、前年度より1.1%減った。しかし経常利益は68兆2000億円で5.6%の増加。そこから法人税などを差し引いた純利益は41兆8000億円、前年度より5200億円増えている。こうして貯まった内部留保が378兆円。最近の日本のGDPは約500兆円だから、その8割に近い大きさにまで膨れ上がったことになる。

いま問題になっているのは企業が内部留保の積み上げに懸命となり、設備投資や賃上げに消極的なこと。設備投資や人件費にもっとおカネを使えば、内需が拡大して景気がよくなる。安倍首相も経営者に対して「賃金を増やすよう」要請しているくらいだ。ちなみに法人企業統計によると、15年度の設備投資額は42兆6000億円で前年度比7.1%の増加。また人件費は198兆2000億円で、前年度比2兆3000億円の増加にとどまった。

日本の企業が内部留保の積み上げに努力するようになったきっかけは、1997年のバブル崩壊。金融機関が不良債権の整理を急いだ結果、一般企業に対する貸し渋りや貸しはがしが横行した。この経験から、企業は自衛のために内部留保を厚くしようと考えたわけである。この内部留保をなんとか使わせる方策はないか。近ごろ自民・公明の与党内では、利益剰余金に税金をかける案まで浮上している。

                                     (続きは明日)

      ≪7日の日経平均 = 下げ -69.54円≫

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.