FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
温暖化対策、総論では合意
2007-09-26-Wed  CATEGORY: 政治・経済
世界160か国の代表が国連に集まり、地球温暖化防止のためのハイレベル会合を開いた。サルコジ仏大統領、メルケル独首相、ライス米国務長官らも出席。日本からは森元首相が特使として参加した。文字通りハイレベルの会合となったのは、各国が温暖化防止の必要性を強く認識するようになった証拠だろう。

会合を招集した国連の潘事務総長は「12月にバリ島で開かれる条約締結国会議の成功に向けて、政治的な確信を得た」と胸を張った。温暖化防止については、すでに6月のハイリゲンダム・サミットで「2050年までに温室効果ガスを半減すること」が確認されている。その具体的な方策を討議するのが、12月のバリ会議。今回はそこに向けての“結団式”のようなもの。

温暖化防止については、各国とも総論は賛成である。こんどの会合でも、この総論賛成は確認された。しかしバリ島会議での各論になると、まだ各国の意見はばらばら。京都議定書を批准していないアメリカ、参加していない中国やインド。その他の新興諸国を、どのように巻き込むか。12月までの外交折衝で、どこまで話がまとまるかは見通しがついていない。

バリ島会議が成功し、来年7月の洞爺湖サミットで“祝杯”というのが理想的な筋書きである。議長国の日本も面目をほどこすだろう。だが、その日本の国内対策は、遅れに遅れている。京都議定書では10年度のガス排出量を90年比で6%減らすと公約したが、いまの見通しでは0.9%-2.1%増加してしまう。環境大臣に再任された鴨下さん、ちゃんと頼みますよ。

    ≪25日の日経平均 = 上げ≫

    ≪26日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.