FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
個人も企業も 資産が目減り : 株安
2016-09-29-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 個人の資産は37兆円減った = 日銀が発表した資金循環統計によると、家計部門の金融資産残高は6月末時点で1746兆円だった。前年に比べて1.7%の減少で、ことしになってからは2四半期連続の減少となっている。家計の金融資産が2四半期連続で減少したのは、リーマン・ショック後の09年4-6月期以来7年ぶりのこと。保有株式の値下がりが大きく響いた。

資産の内訳をみると、株式等が144兆円で前年比16.6%と大きく落ちた。また投資信託は87兆円で、11.7%減少している。これは株価の下落をそのまま反映したもの。このほか海外の保有株式や投信も、円高が進んだために評価損が発生している。家計の金融資産は昨年末に1783兆円の最高を記録した。そこから半年の間に、37兆円も目減りしたことになる。

一方、個人は相変わらず現金や預金を増やしている。6月末の現金・預金残高は920兆円。前年比では1.2%の増加、9年以上も連続で増えている。このうち現金の保有高は78兆円だった。特にイギリスのEU離脱問題で世界経済の不安定さが増したときに、個人が資産を手元に置く傾向が強まっている。

また企業の金融資産についても、同様のことが言える。6月末の資産残高は994兆円で、昨年末に比べて65兆円減少した。株式や投信の保有高は271兆円。現金・預金残高は242兆円、前年より11.8%も増えている。こうした個人や企業の現金・預金志向を、日銀はどのように考えているのか。黒田総裁の意見を聞きたいものである。

      ≪28日の日経平均 = 下げ -218.53円≫

      ≪29日の日経平均は? 予想 = 上げ


            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.