FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
中国経済に インフレ警報
2007-09-27-Thu  CATEGORY: 政治・経済
中国経済は、明らかにインフレの入り口に差しかかった。8月の消費者物価は前年比6.5%の上昇。7月の5.6%から上昇幅を拡大した。政府が目標としている3%を、このところ大きく上回っている。原因は食料品の高騰と人件費の増大。その裏には、過剰流動性の存在がある。

食料品は異常な値上がり。8月は18.2%の上昇、特に肉類は49.0%も上がった。穀類の値上がりが原因だが、年末にかけての見通しも干ばつの影響で好転する見込みは小さい。また人件費は06年に14.4%上がった。これが消費を押し上げ、価格の上昇につながっている。8月は北京の住宅価格が12%も上昇した。

政府は豚肉の備蓄を放出したり、便乗値上げをきびしく取り締まっているが、効果はいま一つ。ことしになって毎月のように金利と銀行の預金準備率を引き上げてきたが、銀行の貸し出し額はいっこうに減らない。中央銀行の元売り介入もあって、過剰流動性も減る様子がない。

この調子が年末まで続くと、中国経済はインフレの海に乗り入れる。その影響はきわめて大きい。国内的には、低所得者の生活苦が増大し、不満が湧き上がるだろう。また輸出価格も上昇するから、これまでのように世界の物価を抑制してきた効果も薄れるだろう。日本経済へのインパクトも、予想以上に大きい。

    ≪26日の日経平均 = 上げ≫

    ≪27日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.