FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2016-10-23-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第11章 国債って、なんだろう? ⑬

◇ あなたも664万円の借金 = きょうは国債について、おさらいをしておきましょう。国債は、国の借用証でしたね。その国債がどんどん増え続けて、いま大問題になっています。21世紀に入ったときには320兆円だった国債の合計額は、来年3月末には838兆円に達する見込み。国民1人あたりにすると、664万円にものぼります。

国債が急増している大きな理由は、まず景気がよくないので税金の収入があまり伸びないこと。その一方で高齢化が進み、年金の支給額が増えると同時に医療費が増大していることです。たとえば16年度の予算では、歳出が96兆7000億円。このうち年金や医療費などの社会保障費が32兆円と32%を占めています。ところが税収は57兆6000億円しかなく、新規の国債を34兆4000億円発行して対処しました。

予算で使うおカネを、どのくらい国債に頼っているか。その度合いを国債依存度と言います。16年度予算の場合は96兆7000億円の歳出に対して国債発行額は34兆4000億円ですから、依存度は35.6%ですね。3分の1以上を借金に頼っているわけです。アメリカは10%強、ドイツは0.1%ですから、国際的にみても日本の国債依存度は高いことがわかります。

こうした状況のなかで、安倍内閣は景気をよくするために16年度は2回も補正予算を編成しました。このため国債の発行額も増えることになります。ですから国債の発行総額もその分だけ増加し、依存度も少し上がります。こうして大量に発行された国債は、いったい誰が保有しているのでしょうか。

                                  (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.