FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2016-12-25-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第12章 デフレって、なんだろう? ⑧

◇ 金融緩和政策のカベ = 日銀の金融緩和政策は、デフレの解消に効果をあげたでしょうか。そのカギは、放出される大量のおカネが実際に使われるかどうかにかかっています。企業や個人がもっとおカネを使うようになれば、景気はよくなりデフレも解消に向かうでしょう。

日銀の量的な金融緩和は、日銀が市場で国債や株式などを購入することで実行されます。その代金が放出されることによって、金融が緩和されるのです。緩和政策を始めた13年4月から現在までに、日銀は400兆円を超える資金を放出しました。今後も年に80兆円の資金を放出する予定です。

ところが企業も個人も、いまは銀行から借金までしておカネを使う気にはなっていません。景気の先行きや年金制度の将来に不安があるからです。このため日銀が放出した資金の大部分は、銀行などの金融機関に滞留しています。この状態が、デフレ解消にとっての大きなカベになっていると言えるでしょう。

ただ金融緩和が進んだことから、株価は上昇しています。またアメリカでトランプ氏が次期大統領に当選し、その景気対策に期待が高まりました。その結果、円相場が大幅に下落。これで景気の先行きに対する見通しも、ぐっと明るくなりました。これから企業の設備投資や個人の消費支出が増えて行くのかどうか。いま注目されているところです。 

                                (続きは来年1月8日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.