FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント 
2007-10-08-Mon  CATEGORY: 政治・経済
8日の月曜日は日本が「体育の日」、アメリカが「コロンブスデー」で、ともに休日。経済指標の発表も、日本では9日の景気ウォッチャー調査、11日の機械受注、12日の企業物価。アメリカは10日の住宅ローン申請、12日の小売り売上高ぐらいなもの。あまり騒ぎを起こしそうな物件は見当たらない。

先週のダウ平均は、1万4000ドルを超す新高値の圏内で推移した。特に9月の雇用統計で失業率は微増したものの、非農業部門の雇用者が予想以上に増えたことを好感。先行きの見通しも、やや強気に振れているようだ。にもかかわらず市場では、なおかつ10月中の利下げを期待する声が強いという。

実体経済面で良い数字が出たときに、株価が上がるのは当然だ。だが少しばかりなら悪い数字が出ても、利下げ期待で株は買われる。要するに、いまのウォール街は“カネ余り”相場なのだろう。オイルマネーだけでなく、中国やアジア各国から資金が流れ込み、買う口実をいろいろ探しているという印象が強い。

その余剰資金のおあまりが、日本にも流れてくるか。今週はそこがポイントかもしれない。日銀はこうした情勢のなか、10-11日に政策決定会合を開くが、利上げはムリ。それでも年内には消費者物価が上昇に転じて、利上げが実現する可能性は高まってきたように思われる。

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.