FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ダウ2万ドル台 ⇒ その先は? (下)
2017-02-01-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 鬼の居ぬ間に洗濯中 = ニューヨーク市場の株価は、実体経済の強さにも支えられている。アメリカの景気上昇は、この2月で92か月目。戦後最長の記録を更新中だ。農業を除く雇用者の増加は75か月も続き、所得が伸びているために消費も堅調だ。全米小売業協会の集計によると、11-12月の年末商戦は前年比4.0%の増加だった。設備投資や住宅投資も、底堅い動きをみせている。

企業の業績も堅調に推移している。トムソン・ロイター社の主要500社調査によると、10-12月期の純利益は前年比5.7%の増益だった。金利の上昇と規制緩和期待から、金融業は15%の増益。長らく不振に苦しんでいたエネルギー産業は、原油価格の回復とやはり規制緩和への期待から2年ぶりの増益に転換した。

こうした景気の拡大と企業業績の好調が根底にあるため、市場では株価が2万ドル台に乗せても過熱感がそれほどない。当面は利益確定売りに押される場面もあるだろうが、基調的には強さを維持している。ただ先行きを眺めれば、やはりトランプ政策の副作用が現れる心配は十分にあるだろう。たとえばドル高による輸出への悪影響などは、すでに表面化しつつある。

ドル高や金利上昇がアメリカ経済に及ぼす悪影響は、いずれ必ず出てくる。トランプ政権による保護主義の副作用も、アメリカ経済に跳ね返ってくる恐れが十分にあるだろう。だが、それが顕在化するまでには時間がかかる。それまでは好調な実体経済と企業業績のおかげで、株価はまだ上げる余地を残している。投資家の心境は「鬼の居ぬ間に洗濯をしてしまおう」というところではないか。次の問題は、いつまで洗濯できるかである。

      ≪31日の日経平均 = 下げ -327.51円≫

      ≪1日の日経平均は? 予想 = 下げ≫ 


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.