FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
トランプ税制改革の 見取り図 (上)
2017-02-14-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 30年ぶりの大変革ねらう = トランプ大統領は先週「今月中に大規模な税制改革の内容を発表する」と明言した。改革は法人税と個人税にかかわる広範なもので、大統領は「みんながびっくりするだろう」と自信満々。この発言を受けて、先週の株価は大きく上昇した。その税制改革は、どんな内容になるのか。これまでの情報を集めて見取り図を作ってみよう。

まず法人税の引き下げ。アメリカの連邦法人税は現在35%。これに州の法人税が加わると平均40%を超え、先進国のなかでは高い部類。この連邦法人税を段階的に15%まで減らす。これによって景気の浮揚を図ると同時に、アメリカ企業の海外流出を食い止め、さらに外国企業の誘致を促すことが狙い。ちなみに日本の法人税はいま29.97%だ。

次は資金還流税。アメリカ企業が海外に保有する資金は、2兆6000億ドルあまり。これを本国に引き揚げる際の税率を10%に優遇する。また国境調整税を新設。アメリカ企業が海外で生産した製品を輸入するときには、35%程度の輸入税をかける。その一方、国内の製品を輸出するときには法人税を還付する。

個人税では、まず相続税を廃止。また現在7段階に分かれている所得税を3段階に集約。最高税率を39.6%から33%に引き下げる。特に中間所得層の減税を厚くする計画だ。こうした税制改革は1986年にレーガン大統領が実施したとき以来の大掛かりなもの。だが、その実現のためには、いくつもの障害物を乗り越えなければならない。

                                  (続きは明日)

      ≪13日の日経平均 = 上げ +80.22円≫

      ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.