FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
街角の景況感は 下り坂
2007-10-10-Wed  CATEGORY: 政治・経済
内閣府が9日発表した9月の景気ウォッチャー調査をみると、街角の景況感は明らかに下り坂である。現状判断指数は42.9で、前月より1.2ポイント低下した。これで6か月連続の低下。景気が横ばいであることを示す50を、6か月連続で下回った。先行き判断指数も46.0で、5か月連続の低下となっている。

景気ウォッチャー調査というのは、景気の動きに敏感な町なかの人たちを対象にした調査。たとえばデパートやコンビニの店員、商店街の代表、タクシー運転手など2050人の感触を毎月末に聞いている。調査の内容は、3か月前に比べた現在の景況感と先行きの判断。いわば街角の景気世論調査である。

今回の現状判断では、企業に関する感触はプラス0.4ポイント、雇用についてもプラス0.5ポイントだった。しかし家計に関する感触がマイナス2.0ポイントとなり、全体の数字を押し下げた。なかでも家計部門で、飲食関係はマイナス7.0ポイントの下落だった。先行きについては、企業、雇用、家計のすべてがマイナス。

これらの結果からみる限り、街角の景況感は明らかに低下の傾向にある。いまの景気は全体として輸出主導型の大企業が引っ張っており、国内の消費は伸び悩み。だから街角で調べた景況感は弱く出る、と言ってしまえばそれまでだ。しかし、いつまでも輸出に頼ってばかりはいられない。政府はこの街角の景況感を、どう受け止めているのだろうか。

    ≪9日の日経平均 = 上げ +94.86円≫

    ≪10日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.