FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- マイナス金利政策の功罪 ⑧
2017-02-25-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 生命保険も運用益が激減 = 15年11月に鳴り物入りで上場を果たした ゆうちょ銀行も、収益力の低下で大苦戦している。保有する貯金額は178兆円と、国内では最大。それだけに適当な投資先を見付けにくい。昨年4-12月期の経常利益は前年比19.6%の減少。株価も上場時の初値1631円から、最近は200円ほど低い水準で推移している。

大銀行と違って国際業務を持たない地方銀行の経営は、もっと厳しさを増している。昨年4-12月期の決算では、上場地銀82行のうち60行が減益に陥った。このため業界では、常陽・足利、徳島・香川・大正、横浜・東日本が経営統合に踏み切った。また多くの地方銀行が、営業や資金運用面での提携を進めている。合併や提携は今後も続出するだろう。

生命保険業界にも、寒波が流れ込んだ。お客から集めた保険料をこれまでは国債などの安全資産に投資して利息を稼いできたが、長期金利の低下で稼ぎにならない。一時払い保険や年金保険の発売を中止するなど対策は講じたが、その分だけ販売も縮小してしまった。主要8グループの昨年4-9月期決算では、運用益が前年の半分に減少している。

このように大半の金融機関が、マイナス金利政策によって苦境に追い込まれた。現在はアメリカの金利引き上げが、唯一の光明。だが日銀は長期金利が0.1%を超えないように、日々の金融を調節しているところ。金融機関にとっては、依然として日銀の超低金利政策がノドに刺さった骨となっている。

                                (続きは来週サタデー)

      ≪24日の日経平均 = 下げ -87.92円≫

      【今週の日経平均予想 = 1勝4敗】   


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.