FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2017-03-13-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 東京市場に新しい動き = ダウ平均株価は先週、小刻みな動きを繰り返し、週間では103ドル値下がりした。FRBによる利上げが決定的になり、トランプ政権の予算教書が間もなく出る。原油価格も下落。こうした材料を理由に、様子見の姿勢が強まった。急ピッチで2万1000ドルまで上げてきたあとの一休みといったところだ。

日経平均は先週135円の値上がりだった。前半は“円高過敏症”が出て下げたが、後半は円安になったために上昇した。アメリカの雇用状況が予想をはるかに上回る好成績となり、今週15日には利上げの決定が確定的に。これで円相場は下落した。相変わらず円相場に振り回されているが、そんな東京市場にも新しい動きが現れてきた。

円相場によって業績があまり左右されないのが、中堅・中小企業に多い内需型の企業。その小型内需株で構成されるのが、ジャスダック市場である。このジャスダック平均株価が、このところ快進撃を続けている。先週末までに、なんと21日間の連騰を記録した。買っているのは、ほとんどが国内の個人投資家だという。この勢いが市場全体に広がるかどうか。

今週は13日に、2月の企業物価と1月の機械受注、第3次産業活動指数。15日に、2月の訪日外国人客数。アメリカでは15日に、2月の消費者物価と小売り売上高、3月のNAHB住宅市場価格。17日に、2月の工業生産とカンファレンス・ボード景気先行指数、3月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が14日に、2月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資額を発表する。なお15日はオランダの総選挙、アメリカでは予算教書が提出される。

      ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.