FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント 
2007-10-15-Mon  CATEGORY: 政治・経済
今週の重要な経済情報は、主にアメリカからやってくる。景気指標は16日に9月の生産、17日に9月の消費者物価と住宅着工件数。また7-9月期の決算発表。そして週末にはワシントンでG7(主要7か国の財務相・中央銀行総裁会議)、続いてIMF(国際通貨基金)と世界銀行の年次総会が開かれる。

サブプライム問題の直接的な影響を受けるのが住宅着工。それが工業生産全体にどう響いたのか。さらに注目のマトは、消費者物価。9月の金利引き下げでドル安が進行し、輸入物価が上昇したため、アメリカではインフレの懸念が強まっている。9月の物価が予想以上に上昇していれば、次の金融政策は利下げどころではなく、利上げの公算が大きくなるだろう。

決算はシティー・グループをはじめとする金融機関、インテルやグーグルなどの大企業が続々と登場。だが7-9月期の企業業績は、金融や住宅、石油業界を中心に、全体として前期に比べ大幅に落ち込むという予想が強まっている。各社の決算が明らかになるたびに、株価も上下に振れることになるだろう。

G7では、やはりサブプライムが主題。世界経済に対する悪影響の評価、証券化商品の問題点、格付け会社の監督、世界的な過剰流動性とファンドに対する規制の是非などが協議される。終了後に発表されるコミュニケの内容しだいでは、いろいろな思惑が市場にも生じる可能性がある。

    ≪15日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ   

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.