FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 ―― 日本人の金融資産(3)
2007-10-20-Sat  CATEGORY: 政治・経済
3)一世帯当たりでは = 一世帯当たりの金融資産保有額を06年の調査でみると、総額は1073万円。このうち半分以上を占める預貯金の額は576万円。払い込んだ保険料の総額が219万円で、これに次いでいる。そのほか株式が97万円、投資信託は51万円。年金52万円、債券22万円などとなっている。

年代別に資産の保有状況をみると、面白い傾向が浮かんでくる。預貯金の保有比率は、全世帯平均で54.6%。これに対して20歳代は67.3%、30歳代は59.6%とかなり高い。ところが40歳代になると50.9%、50歳代は52.2%と低くなる。しかし60歳代は56.2%、70歳以上では57.6%と再び高くなっている。

40歳代と50歳代がふやしているのは、保険と有価証券。つまり若いときにはせっせと貯金し、40-50歳代では保険を増やしたりリスクのある投資にも手を出す。熟年期に入ると、保険は減らすが有価証券投資は増やす。これが日本人の一般的な財産管理傾向だと言えるだろう。

06年の調査でサラリーマン世帯だけを取り出してみると、貯蓄の総額は平均1255万円で全世帯よりも多い。預貯金は698万円、保険は353万円、有価証券は138万円だった。約30年前の1975年には、総額が264万円だった。この間に4.75倍に増えている。預貯金は4.26倍となっている。

                  (続きは来週サタデー)

    ≪19日の日経平均 = 下げ -291.72円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.