FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2017-05-08-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ ダウは2万1000ドルを回復 = ダウ平均株価は先週4つのイベントに直面しながら、週間では66ドルの値上がり。終り値では2か月ぶりに2万1000ドルを回復した。4つのイベントとは、1-3月期のGDP速報、FRBの政策決定会合、4月の雇用統計、そしてフランスの大統領選挙である。このうちGDP速報とフランスの選挙は株価にとってマイナス要因、FRBと雇用はプラス要因として働いた。

1-3月期の実質成長率は年率0.7%に急減速。しかし4月の非農業雇用者数が21万1000人も増えたことで、景気の先行きに対する不安感はほぼ消え去った。FRBが金利を据え置いたことは、すでに織り込み済み。フランスの選挙は8日にならないと結果が出ないため、不安要因として残っていた。株価はこうした4つの要因をこなして、小幅に上昇したわけである。

フランスの選挙でマクロン候補が勝てばEU離脱の可能性がなくなり、ニューヨーク市場の株価は今週も上昇傾向を維持するだろう。一方、日経平均は先週249円の値上がり。連休の谷間だったが、下値を拾う動きは予想以上に強かった。ただ気になるのは、東京の国債市場が機能を停止したこと。これが今週の為替市場にどんな影響を及ぼすのか、注目して行きたい。

今週は8日に、4月の消費者態度指数。9日に、3月の毎月勤労統計。10日に、3月の景気動向指数。11日に、3月の国際収支と4月の景気ウォッチャー調査。アメリカでは11日に、4月の生産者物価。12日に、4月の消費者物価、小売り売上高と5月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が8日に、4月の貿易統計。10日に、4月の消費者物価と生産者物価を発表する。なお9日には、韓国の大統領選挙が実施される。

      ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ


                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.