FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
一時の アダ花? : GDP 1-3月期 (上)
2017-05-23-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 1年ぶりの高い成長率 = 内閣府が発表した1-3月期のGDP速報によると、年率に換算した実質成長率は2.2%だった。事前の民間予想を上回り、昨年1-3月期以来の高い伸び率となっている。これで5四半期連続のプラス成長。まずまずの成績だと評価してもいいはずだが、発表があった日の株式市場はほとんど反応しなかった。なぜだろう。

内訳をみると、いずれも年率換算で個人消費が1.4%の増加。企業の設備投資は0.9%増、住宅投資は3.0%増だった。一方、政府の公共投資は0.3%の減少。輸出は8.9%の増加となっている。この結果、経済成長に対する寄与度は内需が1.6%分、外需が0.4%分となり、内外需のバランスもよかった。

ただ、すべてが満点というわけではない。たとえば個人消費は、昨年が台風の影響で伸び悩んだことの反動だという指摘もある。また設備投資はプラスだったものの、前年比では急減した。また輸出の伸び率も縮小している。このように問題点を挙げればキリはないが、最近の実績としてはそんなに悪くはない。

問題は今後の見通しにある。先ごろ発表された3月の家計調査では、消費支出額が前年比で1.3%も減少した。こんな傾向が続けば、4-6月期の個人消費は落ち込む心配がないではない。またトランプ大統領の弾劾騒ぎで円相場は上昇しており、輸出の先行きも楽観を許さない。内外需ともにブレーキがかかれば、成長率は鈍化してしまうだろう。

                             (続きは明日)

      ≪22日の日経平均 = 上げ +87.52円≫

      ≪23日の日経平均は? 予想 = 上げ


                   ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.