FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2017-06-25-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第14章 景気対策って、なんだろう? ⑧

◇ 財政面からの景気対策 = 第2次安倍内閣は12年12月に誕生すると、時間を置かず13年1月には総額13兆1000億円の補正予算を編成しました。それまでの補正予算に比べると、飛び抜けて規模が大きかったことと、内閣が出来てすぐに編成されたことで、人々は「久しぶりに本格的な景気対策が実行される」と感じたのです。

安倍内閣はその後も、毎年のように補正予算を編成しています。しかし、その金額は3-5兆円と小振りになってしまいました。これは大規模な補正予算を組まなくても、景気は回復すると判断したからでしょう。それに大きな補正予算を組みたくても、国債の発行をこれ以上は増やせないと考えたからでした。

国債は、国の借金でしたね。その国債が来年3月末には、なんと865兆円に達する見込みです。GDPは日本中の人々が1年間働いて生み出す経済価値の総額ですが、その1倍半を超えてしまいました。国民1人当たりにすると、約688万円にもなります。ですから政府としても、国債の発行はなるべく増やしたくないわけです。

このようにアベノミックスと呼ばれる経済対策のなかで、財政面からの景気刺激策は初めに大きな花火が打ち上がりました。しかし、その後は熊本地震や台風の復興費など必要最小限の追加補正にとどまっています。ここからも判るように、今後も財政面からの景気刺激策はよほどの事態が発生しない限り、なかなか発動しにくいと思われます。

                                (続きは来週日曜日)


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.