FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2017-08-13-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第14章 景気対策って、なんだろう? ⑮

◇ 新幹線と自転車 = 政府は「第2次安倍内閣が発足した12年12月以来、景気はずっと回復を続けている」と強調しています。内閣府の発表によると、その長さはことし2月で57か月。1990年前後のバブル経済期に作った51か月を抜いて戦後3番目の記録になりました。もし9月まで回復が続くと、1965-70年の“いざなぎ景気”を抜いて戦後2番目の長さになるそうです。

ところが現在「景気がいい」と感じている人は、そんなに多くありません。というのも今回の景気回復は、とても勢いが弱いからです。たとえばGDP成長率でみると、今回の回復期は年平均で1%にも達していません。これに対して“いざなぎ景気”のときは、年平均が10%を超えていたのです。

仮に年平均1%の成長が続いた場合、GDPの実額が2倍になるためには70年近くかかります。これに対して10%成長なら、GDPは7年ちょっとで2倍になってしまいます。いわば景気回復のスピードが、新幹線と自転車ほども違うのです。ですから、いまは景気回復と言われても、なかなか実感が湧きません。

もちろん一国の経済が成熟すると、成長率が低下することは避けられません。たとえば16年の場合、中国の成長率は6.7%、インドは6.8%でした。これに対して先進国と呼ばれるアメリカは1.6%、ドイツは1.8%です。日本の1.0%は、どうも低すぎる感じがしますね。本当なら景気対策を打ち出し、もう少し成長率をあげたいところですが、財源がないので我慢しているのが実状です。

                             (続きは来週日曜日)


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.