FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 孫に聞かせる経済の話 (改訂版)
2017-09-03-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第14章 景気対策って、なんだろう? ⑱

◇ 企業の業績と雇用状況は絶好調 = 最近の日本経済で、ずっと絶好調を維持しているのは、大企業の利益と雇用の状況です。まず大企業の利益は、このところ過去最高の水準で推移。この好業績が、株価を下支えしていると言ってもいいでしょう。また人手不足は深刻で、失業率は2.8%と完全雇用に近い数字にまで下がりました。政府はアベノミックスの効果が表れて、雇用の改善が達成されたと宣伝しています。

ここで注意しておきたい点は、まず企業利益の大半が海外で生まれていること。海外での生産や営業活動で得た利益が、企業の業績に大きく貢献しているのです。多くの企業は、その利益を海外で再投資しようと計画します。だから国内での設備投資や賃金の引き上げには、多額のおカネを使いたがりません。このため安倍首相の言う“経済の好循環”には、どうしてもブレーキがかかってしまうのです。

また雇用状況の改善は、人口が減って働き手が足りなくなってきたことが根底にあります。そこへ震災復旧やオリンピック需要が重なり、人手不足になっている面も大きいのです。たとえば労働に携われる人口は、ピークだった1997年に比べると100万人も減ってしまいました。日本の人口減少は今後も続きますから、人手不足はなかなか解消されないでしょう。

もちろん、景気が悪ければ企業業績も雇用状況も絶好調にはならないでしょう。しかし、この2つの絶好調には、特別な理由も介在していることは確かです。このためアベノミックスの効果が、どれほどあったのか。測定することは、全く困難だと言えるでしょう。

                    (続きは来週日曜日)


           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.