FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2017-08-21-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 株価の流れに本質的な変化? = ダウ平均は先週184ドルの値下がり。終り値は2万2000ドルを割り込んだ。トランプ政権内で側近といわれる人たちが続々と辞任、スペインでのテロ事件発生が株価下落の原因になった、と解説されている。しかし市場の空気には、もっと本質的な変化が現われ始めたような感じも生じてきた。アメリカの景気先行きに対する不安感の高まりである。

トランプ大統領の景気対策について、市場はもう期待していない。だが9年目に入ったアメリカの景気回復は、いつ途切れてもおかしくない状態になっている。雇用はまだ堅調だが、小売りには暗雲が広がり始めた。もし景気が下降に転じた場合、トランプ政権に対応する力があるのかどうか。市場はこの点を心配し始めたように思われる。

日経平均は先週259円の値下がり。2万円を大きく割り込んでしまった。相変わらず続く北朝鮮リスクとニューヨークの軟調が、株価の足を引っ張っている。もう1つ、東京市場の難敵は円高の進行である。市場では、今週も円高が進むという見方が強い。しかし北朝鮮を巡る緊張が高まると、どうして円が買われるのだろうか。その辺の仕組みは、もう少し研究する必要がある。

今週は21日に、6月の全産業活動指数。25日に、7月の消費者物価。アメリカでは22日に、6月のFHFA住宅価格。23日に、7月の新築住宅販売戸数。24日に、7月の中古住宅販売戸数が発表される。

      ≪21日の日経平均は? 予想 = 上げ

           
            ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.