FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
GDP速報値は 信頼できない?
2017-09-15-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 法人企業統計を改善せよ = 経済成長率が大幅に下方修正された。内閣府が発表した4-6月期のGDP改定値によると、年率換算の実質成長率は2.5%。速報値の4.0%から大きく低下した。名目成長率も4.6%から3.0%に下がっている。こんなに大幅な下方修正となったのは、10年4-6月期以来のこと。景気が「はっきり上向いた」と喜んだ企業経営者も、がっくり。これでは設備投資も増えないだろう。

統計を精査して改定値を求めるのだから、多少の増減はやむをえない。だが4%成長が2.5%成長に修正されたのでは、速報値に対する信頼感はなくなってしまう。どうして、こんなに大幅な修正が加えられたのか。その理由は企業の設備投資。速報値では前期比2.9%増だったものが、改定値では0.9%増に落ちてしまったことにある。

その原因は、設備投資の推計法が速報値と改定値で異なっていること。速報値ではメーカーの出荷額などから推計しているが、改定値では財務省が実施する法人企業統計を使う。こちらの方が、企業が実際に投資した金額が判るためだ。ところが法人企業統計の発表は9月1日。GDP速報値は8月14日に発表されたから、間に合わない。

速報値の発表を遅らせれば、速報の意味がなくなる。改善するための方策は、法人企業統計の集計を早めるしかない。そのためには、まず企業の回答を7月中にしてもらう。その集計を2週間程度で済ます。そうすれば、法人企業統計の結果を、GDP速報値に反映させることができる。ムリだと一蹴せずに、内閣府も財務省も努力してみたらいかが。

      ≪14日の日経平均 = 下げ -58.38円≫

      ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ

           
             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.