FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 ―― 日本人の金融資産(5)
2007-11-03-Sat  CATEGORY: 政治・経済
5)都道府県別では = 総務省が04年に実施した調査で、都道府県別に勤労者1世帯当たりの収入、貯蓄、負債をみてみよう。まず年間収入が最も多かったのは東京都、と思う人が多いだろう。しかし堂々の第1位は福井県の871万円。東京都は第2位で、平均837万円だった。福井県は共稼ぎ世帯の割合が最も多く、これが最高収入の原因となっている。

収入額の第3位は三重県で808万円。最も少なかったのは、沖縄県の500万円だった。収入が多ければ、貯蓄も多いはず。たしかに貯蓄高の第1位は福井県で、平均1614万円。次いで奈良県、三重県と続き、東京都は1451万円で第6位となっている。貯蓄が少ないのは沖縄県の425万円。宮崎県と鹿児島県が、これに続いた。

貯蓄のなかで、株式・投資信託だけを取り出してみると、いちばん多いのは、東京都で平均128万円。三重県、愛知県と続く。少ないのは沖縄県の平均7万円。熊本県、鹿児島県も少ない方の代表だ。収入のなかから貯蓄に回す割合が高い県は、福井、富山、石川の北陸3県。次が神奈川県というのは、ちょっと予想外だ。

負債残高が最も多いのは、東京都で平均950万円。次いで埼玉県が882万円。少ないのは長崎県が399万円。宮崎県が418万円だった。負債の大部分は、住宅や土地を購入するための借り入れ。この点は、全国的に共通している。

                  (続きは来週サタデー)

    ≪2日の日経平均 = 下げ -352.92円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.