FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
「選挙は買い」の経験則 崩れる
2017-10-03-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 過去12回中、11回は上昇した = 解散・総選挙の予想が強まった9月下旬、市場では上昇気流が発生していた。たとえば25日に、日経平均は2年1か月ぶりに年初来高値を更新している。市場が「選挙は買い」の経験則を思い出したからだ。じっさい1980年以降12回あった総選挙で、解散から投票日までの株価はなんと11回も上昇している。最も上げたのは、09年7月の9.1%だった。

選挙になると、与党は景気対策を公約することが多い。その期待から、株式は買われる。今回も安倍首相は「経済最優先」を強く打ち出した。しかも民進党のごたごたが収まらないうちの冒頭解散。自民・公明党の圧勝は間違いない。アベノミックス相場の再来も期待できる、と市場は踏んでいた。

ところが小池新党・希望の出現と民進党の瓦解で、状況は一変。少なくとも与党の大勝は、視界から消えた。市場の楽観ムードは消え去り、過去の経験則もすっ飛んでしまった。一時は市場で聞かれた「年内に日経平均2万1000円は固い」の声も、完全に引っ込んでいる。

このようにムードが変わると、これまでは無視してきた悪い材料も見えてくる。たとえば消費税収の使途を教育無償化に変更しても、GDPは全く増えない。財政の悪化が、経済にどんな影響を及ぼすのか。それ以前に、本当に消費税は引き上げ可能なのか。働き方改革などの重要法案が棚上げにされてしまった。こうした心配が、市場関係者の間に生じている。投票日までに、こうした不安ムードは変わるのだろうか。

      ≪2日の日経平均 = 上げ +44.50円≫

      ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ

      
             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.