FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業の景況感は 絶好調 : 日銀短観
2017-10-04-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 与党に有利かどうかは微妙 = 日銀が集計した9月の企業短期経済観測調査によると、大企業・製造業の業況判断指数はプラス22。前回の6月調査より5ポイント上昇した。この指数は4四半期連続で上昇しており、リーマン・ショック前の07年9月以来10年ぶりの高さになっている。大企業・非製造業もプラス23と、高水準を維持した。北朝鮮の脅威が増すなかでも、企業業績の絶好調は続いていることを示している。

3か月先の見通しについてみると、大企業・製造業はプラス19。大企業・非製造業もプラス19で、ともにやや悪化する見通し。これは北朝鮮情勢など、不透明な要因が多いからだろう。それでも17年度の売上高は大企業・製造業で2.7%の増加、大企業・非製造業も2.8%の増加を見込んでいる。経常利益は製造業が4.7%の増益、非製造業は1.6%の減益になる見通しだ。

この調査は、全国1万0687社を対象に実施された。回答率は99.4%と、きわめて高い。8月29日―9月29日が回答期間となっており、北朝鮮の影響は受けているが、衆議院の解散・総選挙は十分に反映されてはいない。業況判断指数は、その企業の業況が3か月前より「よくなった」と回答した企業の割合から「悪くなった」と回答した企業の割合を差し引いた数値。

どこの国の選挙でも、好景気は与党にとって追い風となる傾向が強い。したがって今回の日銀短観は、自民・公明党にとって順風となることは確かだろう。しかし強い追い風となるかどうかは、やや微妙のようだ。というのも、企業の業況判断は絶好調の域にあっても、一般国民の景気観はあまりよくない。それが現状であって、選挙の結果にどう響くのかは不明である。
 
      ≪3日の日経平均 = 上げ +213.29円≫

      ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.