FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
輸出が支えた GDP ; 7-9月期
2017-11-16-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 頼みの個人消費は1.9%の減少 = 内閣府が15日発表した7-9月期のGDP速報によると、実質成長率は年率換算で1.4%だった。これでプラス成長は7四半期連続となったが、4-6月期の2.6%に比べるとスピードは半減している。最も重視された個人消費はマイナス1.9%、住宅投資もマイナス3.5%に落ち込んだ。企業の設備投資はプラス1.0%だったが、勢いは弱々しい。政府の公共投資もマイナス9.7%と、成長率の足を引っ張った。

内需が全滅状態となったなかで、ひとり頑張ったのが輸出。年率で6.0%の増加を記録。輸入が6.2%減少したために、成長率を大きく下支えする形となっている。輸出が伸びたのは、アメリカやEU諸国、それに中国や新興国の経済が堅調に推移したため。こうした世界同時好況の恩恵を受けたにもかかわらず、内需の不振で低成長が続いてしまった。

個人消費の伸び悩みは「長雨や台風の影響によるものだ」と内閣府は説明している。だが同時に発表された7-9月期の雇用者報酬は実質値で前期比0.5の増加。4-6月期の1.0%増から、これも半減した。こうした収入の伸び悩みとの関係は無視して、消費の鈍化をすべて天候のせいにしてしまうのは、どうかと思う。

国際的に比較してみると、7-9月期のGDP成長率はアメリカが3.0%、ユーロ圏が2.4%だった。日本の1.4%はいかにも低すぎる。そこで気になるのは、政府をはじめ与野党の政治家、経済界までが「低成長でも仕方がない。1%台の成長率でもプラスなら我慢しよう」といった考えに、甘んじているように思われることだ。デフレから脱却できない真の原因は、そこにあるのではないか。

      ≪15日の日経平均 = 下げ -351.69円≫

      ≪16日の日経平均は? 予想 = 上げ


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.