FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
トランプ大型減税の 影響力 (上)
2017-12-26-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 規模は10年間で170兆円 = トランプ大統領が公約した大型減税法案が、とうとう成立した。最初の公約からみればかなり縮小したが、それでも減税総額は10年間で1兆4560億ドル。日本円にすると、約170兆円の大きさ。世界経済史上で最大の減税であることに変わりはない。トランプ大統領も「記録破りのことを成し遂げた」と胸を張った。

その内容は、まず連邦法人税率を35%から21%に引き下げる。また所得税は最高税率を39.6%から37%に引き下げる。さらに相続税の軽減、子育て世帯への減税も18年から実施するというもの。ニューヨーク市場の株価は、この減税策を受けて史上最高値を更新中。ダウ平均は2万5000ドルの大台まで、あと250ドルの水準に上昇した。

大型減税法案の成立は、幅広い分野に影響を及ぼす。トランプ大統領はこれまで共和党幹部との連携がうまく行かず、選挙で公約した政策を実現することができなかった。減税の実現で、初めて得点を挙げたことになる。この勢いで鉄道や高速道路などのインフラ整備など、次の公約実現についても党を動かせるかどうか。最初の勝利に酔ってワンマンぶりを発揮し、再び党との関係を悪化させる危険を指摘する声も少なくない。

連邦法人税と地方税を合わせた実効税率は、41%から28%に下がる。日本の法人税は18年度から29.74%に、ドイツは29%台であり、アメリカの実効税率は先進国中でもいちばん低くなる。こうした動きをにらんで、フランスは21%への引き下げを検討中だ。トランプ減税をきっかけに、先進国の法人税引き下げ競争が始まる可能性がふくらんできた。

                       (続きは明日)

     ≪25日の日経平均 = 上げ +36.42円≫

     ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.