FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
転換点を過ぎた 世界経済(1)
2007-11-13-Tue  CATEGORY: 政治・経済
<アメリカは景気後退へ> = 最大の金融機関シティ・グループが110億ドル(1兆2000億円)という信じられないほどの損失を出した。名門メリルリンチも79億ドルの赤字を計上。両社の会長は、ともに責任をとって辞任した。最大の自動車メーカーGMは390億ドルの赤字決算。先週の株価は、ダウ平均が552ドルの大幅下落となった。アメリカ経済には、予想以上の寒風が吹き込んでいる。

経済指標をみると、7-9月期の実質GDP(国内総生産)は年率3.9%の伸び。個人消費や設備投資は順調だったが、住宅投資は前期比20.1%も減少した。9月の統計をみても、新築住宅販売は前年比23.3%減、中古住宅販売は19.1%減となっている。そのほか10月の失業率は4.7%で前月と変わらず。小売り販売高は前年比5.0%の増加だった。

シティやメリル、GMの大赤字は、言うまでもなく信用度の低い住宅ローン(サブプライム)証券の暴落が惹き起こしたもの。この問題は、まず住宅産業を直撃した。次に金融機関も大損害を蒙ったことが明らかになり、これが株価の急落につながった。さらに、まだ指標には現れていない消費や雇用の面にまで、しだいに影響が及ぶことは避けられないだろう。

問題はその広がりと深さということになる。FRB(連邦準備理事会)のバーナンキ議長は、議会で「経済は来年春まで停滞する」と証言した。おそらく利下げを追加しても、景気の下降は食い止められないと判断しているに違いない。年末から来年前半にかけて、アメリカが景気後退局面に入る公算はきわめて大きい。

    ≪12日の日経平均 = 下げ -386.33円≫

    ≪13日の日経平均は? 予想= 上げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.