FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
景気に警戒警報
2006-11-10-Fri  CATEGORY: 政治・経済
9月の機械受注額は前月比7.4%の減少となった。このため7-9月の受注額も前期比11.1%の減少。この減少幅は過去最大である。

機械受注額というのは、機械を製造している280社が受注した合計額。製造して納入すると、発注メーカーの設備投資額として集計される。つまり設備投資額の先行指標だ。

内閣府によると、10-12月期の見通しは前期比5.7%の増加。このため内閣府は判断を「増加基調」から「一進一退」に改めるだけにとどめている。

しかし基調の変化は明らかだ。過去最高の利益を積み上げて、手持ち資金も豊かな企業が、設備投資を抑え始めた点は重視すべきだろう。

少なくとも景気の減速は、これで明確になったと見るべきだ。これが一時的な「踊り場」なのか、それとも下降への入り口なのかはまだ判らない。

だが景気に関して「警戒警報」が出たと考えておく方がいい。そんなときに、企業減税ばかりを考える安倍内閣の政策は間違いだと思う。

   ≪10日の日経平均 = 下げ≫

   【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

   Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.