FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
トランプ貿易政策の 正体
2018-03-15-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 安倍首相の“お土産”はなに? = トランプ大統領は鉄鋼に25%、アルミに10%の輸入関税をかける文書に署名。23日には発効することになった。たとえば鉄鋼の場合、アメリカで消費された輸入品の割合は00年の約2割が11年には3割に増大した。このまま放置すると、アメリカの安全保障に影響するというのが輸入制限の理由である。突然のこの発表に全世界は驚き、報復措置の応酬が心配された。

ところがアメリカ政府は、その直後に「カナダとメキシコは除外」と発表。オーストラリアも対象外としたようだ。また「その他の国も交渉の余地がある」ともコメントしている。カナダとメキシコを除いた理由は、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直しを進めているため。NAFTAはトランプ大統領が「再交渉に応じなければ脱退する」と脅して、むりやり再交渉の場に引きづり込んだという経緯がある。

アメリカがNAFTAの再交渉で、何を要求しているかは全く不明だ。しかし要求を通すために、関税問題を持ち出しているだろうことは想像に難くない。ここから類推すれば、EUや日本に対しても関税免除と引き換えに、新たな要求をしてくる可能性は十分に考えられる。日本については、農畜産物と自動車の輸入拡大、軍事装備品の購入増などが中核だろう。

そうしたなかで安倍首相は4月上旬にも訪米し、トランプ大統領と会談する予定だ。しかし、こんどはゴルフ道具を手土産に「よろしく」というわけにはいかない。と言って「農畜産物や兵器の購入増加」を、大っぴらにするのも不自然だ。考えられるのは、近く始まる日米間の通商交渉で“何か”を譲歩するという裏約束か。安倍さんの外交能力が、まともに問われることになりそうだ。

      ≪14日の日経平均 = 下げ -190.81円≫

      ≪15日の日経平均は? 予想 = 下げ


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.