FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
株価を揺さぶる 恐怖指数
2018-04-04-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 悪材料は3つの政治問題 = 株式市場や為替市場では最近“恐怖指数”という言葉が、よく引き合いに出される。この指数が上がると、株価や為替相場の変動が大きくなり、株安や円高になりやすい。ことしは2月から株安と円高が進んだが、このとき恐怖指数は上昇していた。先週は株価が反発、円も下落したが、恐怖指数は下がっている。このため関係者は恐怖指数の動きに注目、この指数に連動する投資信託まで発売された。

恐怖指数はVIXと呼ばれ、シカゴのオプション取引所が考案した指標。投資家の不安感を数値化したもので、主要500社の取り引きデータを基に算出する。先進国の市場では同様の指標が開発されており、日本でも日経新聞が主要225銘柄のデータを使って算出。日経VI(Volatility Index)として発表している。

市場を取り巻く環境が平静な場合、恐怖指数は10-20を示している。それがことし2月6日には50を超え、日経平均は1000円を上回る暴落となった。アメリカの長期金利が跳ね上がり、前日のダウ平均が1175ドルも下げたためだった。それが先週末の日経VIは22.55まで低下している。市場を取り巻く環境が、それだけ平静さを取り戻してきたわけだ。

いま日経VIを動かしている要因は、政治的な3つの問題。北朝鮮、アメリカの保護貿易、そして森友問題。このうち北朝鮮は南北会談や米朝会談がセットされて、緊張感が和らいだ。米中間の貿易戦争も、話し合いによる解決の見方が出てきた。森友問題もピークは越えた感じがある。このため日経VIは低下した。しかし3つの政治問題は、いずれも決着したわけではない。いつまた恐怖指数が上昇しても、おかしくはない状況である。

      ≪3日の日経平均 = 下げ -96.29円≫

      ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ


 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.