FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
「5月は売り」 は 根拠なし
2018-05-08-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 上がっている方が多い = 株の格言に「5月は売り」というのがある。よく知られているから、いまごろは気にしている投資家も少なくないだろう。だが過去の実績を調べてみると、この格言はどうも当たっていないようだ。日経平均でみる限り、5月はむしろ上昇した年の方が多い。現に昨年5月は454円、一昨年5月は575円の値上がりだった。

21世紀に入ってから昨年までの17年間、TOPIXで5月の成績を調べてみると10勝7敗。そんなに悪くはない。ただ上げ率は小さく、平均すると2%に達しない。その意味では買い時ではないかもしれないが、慌てて売ることもないと言えるだろう。もともと、この格言はアメリカの「Sell in May」から来ているもの。だから日本では当てはまらないのかもしれない。

そう考えて、ダウ平均の成績を調べてみた。すると昨年5月は67ドル、一昨年5月は13ドルとわずかに上がっている。ただし1928年以来だと、年平均で0.27%の下落。この間に株価は大幅に上昇しているから、かなり成績は悪い。やはり、この格言はニューヨーク市場では通用するようだ。

アメリカの「Sell in May」という格言には、そのあと「9月第2週までは戻ってくるな」という文言が続いている。ここから判断すると、この格言の真意は「6-8月は手を引け」という点にあるのかもしれない。それなら東京市場でも、参考にはなるだろう。ことしの場合も、結局は円相場と企業業績の見通ししだいか。なにしろMayは5月だが、mayは「かもしれない」という意味になるから。

       ≪7日の日経平均 = 下げ -5.62円≫

       ≪8日の日経平均は? 予想 = 上げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.