FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
異端児イタリアの 正論 / EU (上)
2018-07-12-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ コンテ首相の発言に大揺れ = 事件は6月10日、民間支援団体の船が地中海を漂流していた629人のアフリカ難民を救助したことから始まった。近くのイタリアに上陸させようとしたが、イタリア政府はこれを拒否。一時は海上で立ち往生したが、結局はスペインが受け入れた。EU内部ではこの事件を巡って賛否両論。フランスやスペインは激しくイタリアを非難したが、ポーランド・チェコ・ハンガリーなどの東欧諸国はイタリアの決断を称賛した。

EUはこの事件を重視、首脳会議を開いて協議した。この会議に出席したイタリアのコンテ首相は「難民の多くは地理的に近いギリシャとイタリアに到達し、この両国には過度の負担がかかっている」と強調。EU加盟国が公平に分担しないならば「通商政策や安全保障に関する合意にも同意しない」と息巻いた。

現在の規則によると、難民は最初に上陸した国で、受け入れ申請などの手続きをすることになっている。このため16年以降、ヨーロッパに到着した難民の約半数、31万人がイタリアで手続きを行った。この負担は、たしかに不公平だ。そこでEUも15年に他の加盟国が16万人分を引き受けるように決めたが、各国の反対もあってまだ3万5000人分しか実行されていない。

コンテ氏は法律学者で無派閥。難民受け入れに反対の「五つ星運動」と極右の「同盟」が連立し、この6月に首相に就任したばかり。それだけに「難民反対」といった極端な発言も予想されたが、首脳会議では正論を押し通した。このことがかえって、EU域内でも予想外の共感を呼んでいる。このままだと異端児の正論が域内に広まり、EUの方が異端になるかもしれない。EUの危機でもあるわけだ。

                               (続きは明日)

       ≪11日の日経平均 = 下げ -264.68円≫

       ≪12日の日経平均は? 予想 = 上げ≫   


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.