FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント 
2007-12-03-Mon  CATEGORY: 政治・経済
インドネシアのバリ島で、きょう3日から国連の気象変動枠組み条約締結国会議が開かれる。この会議は、京都議定書が期限切れとなったあと2013年からの温暖化ガス削減についての基本的な方法論を議論する。すでに6月のハイリゲンダム・サミットでは、各国が2050年のガス排出量を半減することで合意した。バリ会議では、そこまでの中間点とも言える20年に向けての規制目標が中心議題になりそうだ。

具体的には、EU(ヨーロッパ連合)がガス排出量を90年比で20%削減するよう提案する見通し。また各国別の総量規制も強く要求すると予想される。これに対して、アメリカや日本は産業別に削減目標を作るよう主張する模様。会議では、どこまで妥協が成立するか。

先週、アメリカでは住宅関連の指標が発表されたが、その内容は予想通りよくない。7-9月の住宅価格指数は前年比4.5%下落。10月の新築販売は前年比23.5%減少、中古も20.7%の減少となった。ところがダウ平均は、1週間で628ドル上昇している。理由はサブプライム問題が多少は落ち着いてきたこともあるが、主として利下げ期待。つられて日経平均も791円上昇した。

悪い経済指標が出ると、利下げ期待から株価は上がる。むかしは考えられなかった筋書きが、このところ定着してしまった。たしかにFRB(連邦準備理事会)は、年内に政策金利を下げるだろう。だが利下げが確実になった時点で、株価は次を催促する形で値下がりする可能性が大きい。

    ≪3日の日経平均は? 予想= 上げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.