FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
豊かさは7位 というけれど・・・
2007-12-07-Fri  CATEGORY: 政治・経済
社会経済生産性本部が発表した07年版「国民の豊かさの国際比較」によると、日本はOECD(経済協力開発機構)加盟30か国のうち7位だった。部門別にみると、環境では4位、健康では5位だったが、マクロ経済では22位と順位を落としている。全体の順位は05年が10位、06年は6位だった。

全体の1位はルクセンブルク、2位以下はノルウェー、スウェーデン、スイス、フィンランド、オーストリアと、いずれもヨーロッパの比較的小さな国が並んでいる。大国ではアメリカが12位、イギリス16位、フランス18位、ドイツ19位と、あまり振るわない。

56ある採点項目のうち、日本が1位となったのは平均寿命、人口当たり病院ベッド数、単位労働コストの低下率、GDP(国内総生産)デフレータ上昇率の4つ。最下位だったのは1人当たり国際観光収入、平均経済成長率、1人当たり政府累積債務の3つだった。

調査内容がやや経済に偏り過ぎていること。日本が1位だった単位労働コストの低下率やデフレータ上昇率は、低い方が“豊か”なのか疑問。犯罪率や自殺件数あるいは大気汚染といった生活面の項目が不足。率直に言って、いくつか問題のある調査ではある。まあ7位ならば「豊かさも中ぐらいなり、おらが国」と安心していないで、国民の豊かさの要素をもっと研究して欲しいものだ。

    ≪6日の日経平均 = 上げ +265.20円≫

    ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

    Please click here ⇒ 人気ブログランキングへ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.