FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
新次元・SF経済小説 【 プ レ ー ト 】
2018-11-04-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第6章 ニッポン : 2070年代

≪57≫ 3つの目標 = マーヤと並んで寝ながら、こんどはぼくの方から話しかけた。
――ちょうどいい機会だから、ぼくが考えている日本再生の方法論を説明しておこうか。

こう言った途端に、マーヤはすっくと立ち上がり照明を明るくした。
「そんな大事なことを寝ながら言ってはダメ。いまコーヒーを持ってくるから、ちゃんと起き上がって説明してください」

マーヤはテーブルに2つのカップを持ってきた。もちろん彼女は呑まないが、そうした方が雰囲気がよくなると考えているに違いない。最近はぼくの心情も、よく読み取ってくれる。ほんとうに素晴らしい嫁さんだ。

――君も知っているように、いちばん先に造ったのはガードマン型ロボットを生産するための工場だ。いまは月に300体のロボットを造って出荷している。博物館や宝石店だけでなく、銀行やデパート。最近では小さなコンビニ、警察にも納入した。海外への輸出も多くなってきている。

ぼくが日本に戻って感じたのは、治安の悪さだった。景気が悪くて失業者も多い。若者は将来に希望が持てない状況だから、仕方がないのかもしれない。だが治安が悪いと、日本はどんどん住みにくい国になってしまう。そこで、まず安全と安心を取り戻すことから始めようと決心したんだ。

「そう、昔の日本は世界で最も安全な国だったんでしょう。ダーストン国ほどではないにしてもね」

――日本をよくするために、もう1つ必要なのはエネルギーの安定供給だ。日本はそのほとんどを原油やLNG(液化天然ガス)の輸入に頼っている。しかし世界の原油埋蔵量は明らかに減ってきたし、逆に世界の消費量は急速に伸びている。だから原油価格は1バレル=250ドルにも跳ね上がった。

こんなに高い原油を輸入していたら、日本企業のコストは上がるばかり。家計も電気代やガス代の支払いが増えて、ほかにはおカネを使えない。消費が増えないから、景気はよくならない状態が続いていたんだ。それが君の尽力もあって、あの太陽光発電装置が普及し、状況は目に見えて改善しつつある。

「日本では、なぜ太陽光発電が普及しなかったのかしら」
――政府がエネルギー政策で、失敗を繰り返したからだと思うよ。でもウラノス博士の好意で、この問題は解決した。もう1つ大事なのは、食糧問題だ。治安とエネルギーと食糧。この3つがよくなったら、日本はきっと素晴らしい国になる。

                           (続きは来週日曜日)


             ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.