FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2018-11-05-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ NYは27%、東京は34%の戻し = 株価は先週、大きく反発した。ダウ平均は週間583ドルの値上がり。日経平均は1059円の上昇だった。先々週までの大幅安に対する反動が原動力だったが、貿易戦争の収拾に向けて米中首脳が会談するというニュースも支援材料になった。週末には相変わらず堅調な雇用統計も発表されたが、賃金が予想以上に増えたため金利が上昇。株価はやや反落している。

10月初めの高値から先々週末までの4週間に、ダウ平均は2140ドル、日経平均は3086円下げている。先週の反発でダウ平均はその27.2%を、日経平均は34.3%を取り戻した。東京市場の方が大きく戻したのは、割安感が強かったことに加えて、円安が進行したためだろう。円の対ドル相場は、株価が高値を付けた10月初めの水準にほぼ戻している。

今週も株価の反発が続けば、年末にかけての見通しも多少は好転するかもしれない。しかし米中首脳が1回ぐらい会談して、貿易戦争を解消する糸口が掴めるのかどうか。また中間選挙の結果が、今後のアメリカ経済にどう響くのか。トランプ大統領の政治・外交姿勢が変わるのかどうか。市場が読むべき問題点は数多い。

今週は6日に、9月の家計調査。7日に、9月の毎月勤労統計と景気動向指数。8日に、9月の国際収支と機械受注、10月の景気ウォッチャー調査。アメリカでは5日に、10月のISM非製造業景況指数。9日に、10月の生産者物価と11月のミシガン大学・消費者信頼感指数。また中国が8日に、10月の貿易統計。9日に、10月の消費者物価と生産者物価を発表する。なお6日はアメリカの中間選挙

       ≪5日の日経平均は? 予想 = 下げ


                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.